屋根や外壁は、常に風雨や紫外線に曝されています。
外壁塗装をする目的は、美観を保つのももちろんですが、これらから家を保護する役割を持っています。

外壁の材質や塗料にもよりますが、概ね10年程度で保護機能が失われるため、定期的な塗替えが必要です。
これを怠ってしまうと、雨漏りや腐食の原因となり家自体に深刻なダメージが蓄積されてしまいます。

目安としては、外壁に触った時に「手に粉がついてくる」場合、既に塗装が劣化した状態です。
早めに塗り替えをご検討ください。

  • nym1639215tetcher より:
    あなたのコメントは管理者の承認待ちです。これはプレビューで、コメントは承認後に表示されます。

    mns1639215rtjuny 4dMHvJv OyVT X1lg6D8

  • num1639215krya より:
    あなたのコメントは管理者の承認待ちです。これはプレビューで、コメントは承認後に表示されます。

    mps1639215uttjr h9u3Hpa q1Vk 8swWuyl

  • Comment on this FAQ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    Load More

    ひび割れやサビに関してはシッカリと下処理してからでないと塗装に入れません。
    現地調査の際に状況を確認させて頂き、補修についても一緒にご案内させて頂きますのでご安心ください。

    Comment on this FAQ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    Load More

    塗料の乾燥と定着の都合上、申し訳ありませんが雨の日は作業できかねます。

    Comment on this FAQ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    Load More

    使用する塗料により、溶剤特有の臭いがすることがあります。
    この場合、水性の塗料を使うことで臭いを抑えることも可能ですが耐性や機能、外壁素材により適切でないケースがございます。
    お客様のご希望をお聞きしながら、メリット・デメリットを十分にご説明させて頂きますので、お気軽にご相談ください。

    また、近隣の方には施工前にご挨拶をさせて頂き、工期や臭いについて、施主様同様にシッカリとご説明させて頂きます。

    Load More